歌川広重「日本橋」

しろひげ「日本橋」
江戸時代の浮世絵師「歌川広重」が描いた東海道五十三次の宿場を、旅の絵師「しろひげ」が平成の世のその宿場を訪ね、広重と同じアングルを探し、その風景を描写する旅日記。
ただいま、33番目の宿場「白須賀」掲載中


ギャラリーのある塾


少人数の明るい教室
しろひげのスケッチ「原展」 こちら
旅の絵師「しろひげ」が暮す、秦野市の小田急線「秦野駅」近くに開講したスケッチ教室。 ギャラリーもあり「しろひげ」の作品や生徒の作品展示も企画。観光客の無料お休み処としても好評です。    スマホサイト


好きな時間や場所で自由に自分のペースで学習できる淡彩スケッチの通信講座。指導・添削は旅の絵師「しろひげ」が全面担当。ひとり一人をていねいに気持ちを込めて添削指導をしてします。 卒業生は確実に腕を上げています.

Yahoo!カレンダーに登録

Copyright(c)ZIMA.Inc All Rights Reserved